片方向リンクの環境での効率的なアクセス制御方式


概要

 無線LANのMACプロトコルの中にはCSMA/CAを使っているIEEE802.11がある。また IEEE802.11には隠れ端末問題への対処としてRTS/CTS交換によるDCFが使用されてい る。しかし、片方向リンクがある環境ではRTS/CTS交換によるアクセス制御フレームが片方 向リンクの端末に届かない。そのため片方向リンクの端末が送信要求を通信中の端末に してしまうことで衝突を引き起こしてしまう可能性がある。そこで、本研究では片方向 リンクの端末に、通信中でない端末がアクセス制御フレームを送信することで片方向リ ンクの端末の通信を抑制し、通信の効率化を図る方式を提案する。

PDF

/var/www/html/data/pages/アドホックネットワーク研究紹介1.txt · 最終更新: 2010/03/31 11:46 by sakuma
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
www.chimeric.de Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0